自動車保険はすべてのドライバーは自賠責保険に加入することが義務付けられていますが、それだけでは補償しきれない場合もあり、もしもに備えて、任意保険にも加入している人が多くなっています。
そして、事故が発生した場合は、その保険を利用することとなりますが、等級が下がる等級ダウン事故もあれば、等級据え置き事故、事故としてカウントされないノーカウント事故もあります。

そして、2012年10月からは新たな1年契約がスタートする場合は、かつて、等級据え置き事故であった事故の場合も保険を利用すると翌年の等級が一等級ダウンすることとなります。

等級据え置き事故は盗難やガラスの破損、火災などが当てはまります。

そして、この一等級ダウン事故は1年間適用されることとなり、1年間保険を使わなければ、翌年には元の無事故等級に戻ることとなります。

それから、車両保険では免責金額を設けていることも多いので、保険料が大幅に値上がりしてしまう場合であれば保険を利用せずに自腹で負担したほうが得になる場合もあります。

それゆえに一等級ダウンしてしまう事故の場合は、保険を使ったほうが得かそうでないかをよく考えて保険を利用するか、自腹で払うか考えておきましょう。