ダウン事故

| 未分類 |

万が一の際の自動車保険ですが、事故を起こした際、自動車保険を使うと、基本は3等級ダウンします。電柱に衝突などの単独事故で車同士で衝突した際、自動車保険を使うと、次年度の更新時に等級が3つ下がります。下がる等級は事故の内容によって異なります。
事故の内容によっては1等級ダウンやノーカウントの場合もあります。台風・洪水、火災・爆発、盗難など走行危険以外の事故による車両損害は1等級ダウンとなります。また、弁護士費用等補償特約事故、ファミリーバイク特約事故などは翌年の等級に影響がなく、無事故と同様に等級が一つ上がるのがノーカウントです。
はじめて自動車保険に加入した人はまずは6等級から始まり1年間無事故なら1つ等級が上がり、保険料の割り引き率が高くなります。20等級が最高で、ここまでくると最大6割もの割り引きがのぞめます。
しかし、ダウン事故を起こすといきなり3等級下がってしまいます。それを取り戻すには少なくとも無事故で3年間を要するのです。そのためちょっとこすった程度の事故であれば、自分で修理をした方がお得なケースがあるのです。とはいっても、大きな修理を必要とするものは自分で修理をするよりも保険を使った方が安いケースもあります。どちらがいいかは保険会社に相談するのがベストです。