私たちの生活において車の使用は欠かせないものとなっている場合があります。車は私たちの生活をとても便利にすると同時に万が一のアクシンデントが生じることも予期して備えておくことはとても重要になりますし、その知識を持っていることも大切になります。
事故を起こして保険を使用することがありますが、保険を使用する場合その種類も三つあります。
それはカウント型、等級据え置き型、ノーカウント型があります。
このうちのノーカウント型は普通に3等級ダウンするカーアクシデントのことです。
そして等級据え置き型は等級が変わらないカーアクシデントのことです。具体的には、火災や爆発を原因とする車の損害が生じたり、飛び石でフロントガラスが時、さらには、いたずらや盗難によって損害が生じた時などです。
またノーカウント型は人身傷害を使用した際に、搭乗者障害だけを使用した場合です。人身傷害と搭乗者傷害は使用しても等級に影響するものとはなりません。
しかしながら、等級据え置き型は大手の損保を中心に廃止に向かっている現状にあります。
こうした自動車保険に関する知識を持っているなら、アクシデントに直面した時にもスムーズに対処することができます。