等級据え置き事故

| 未分類 |

現代の車社会において、自動車は私たちの生活に欠かせないものとなっており、通勤や通学、買い物やレジャーなど生活の様々な面で使用します。自動車は私たちの生活をとても便利に豊かにする一方、万が一の交通事故に直面することも予期しながら、そのことに備えておくことはとても重要です。またそのための自動車保険に加入していることやその知識を取り入れていることも大切なことになります。
保険が使用できる事故は主に3種類に大別されることになります。
カウント事故は事故を起こしたときに保険を使用した際に3ランク等級がダウンする事故のことを言います。
そして等級据え置き事故は火災や爆発などを原因とする損害が生じたり、飛び石でフロントガラスが割れてしまったり、いたずらや盗難によって車に損害がもたらされたりといったアクシデントのことです。こうした状況においては等級は据え置かれることになります。
さらに、ノーカウント事故は人身傷害だけを使った場合や、搭乗者傷害だけを使った場合の事故のことです。この場合も保険の等級には何ら影響を与えるものとはなりません。
こうした常用をしっかり把握しているなら、事故に直面した時にもスムーズに対処することができます。