私たちの生活において自動車は欠かせないものとなっています。自動車は私たちの生活を便利にして、生活を豊かにするものとなりますが、万が一の事故に直面したなら大きな損害を与えてしまうことになりますので、そうした状況に備えておくことはとても重要なことですし、そのための知識を持っていることも大切になります。
もし、自動車事故を起こしてしまったなら保険を使用したなら、3ランク等級がダウンするのが基本となります。しかしながら、事故の種類によってはそうならない場合があります。
事故を大別すると、カウント事故、等級据え置き事故、ノーカウント事故があります。
カウント事故は3等級ダウンする事故です。
等級据え置き型は保険を使っても等級が変わらない事故のことです。たとえば、火災や爆発を原因とする車の損害を受けたり、飛び石でフロントガラスが割れてしまったり、いたずらや、盗難による車の損害が生じたりする場合です。
さらにノーカウント事故は人身傷害保険だけを使った場合や搭乗者傷害保険を使用した場合、等級になんら影響を与えるものとはなりません。
こうした情報を整理しておくなら万が一の事故に直面しても適切に対応することができます。